TOP

博多風俗のちょっとピンクな体験談です。

博多で風俗三昧という日々を求めて

博多で風俗三昧。想像しただけで嬉しい気持ちになってくるものですけど、自分はそれを求めて実際に楽しんだんです。そのために必要なのはお金ですが、投資のおかげでかなり大きなお金を手にすることが出来たんですよね。このお金で思う存分博多風俗を楽しもうと。たぶん一週間くらい毎日風俗を楽しみました。https://fuzoku.jp/fukuoka/a_6002/で気になるお店を片っ端から利用しました。もちろんそこまでがっつり楽しんだのは生まれて初めて。自分の感情の赴くままに思う存分楽しませてもらいましたけど、毎日のように風俗を利用するというそのシチュエーションそのものがとても楽しかったんですよね。毎日のように博多の風俗店で違うタイプの女の子と楽しむ。夢のような時間だったんじゃないかなと思いますね。特に印象に残ったのは三日目に楽しんだRちゃん。美人ってだけではなく、色白で綺麗な肌をしていたんです。女の子の裸を見るのは風俗では全然珍しいものではないんですけど、彼女の裸体を見た時だけは本当にびっくりしました。本当に最高でしたよ。

博多風俗店に行く、これが非日常

博多の風俗店に足を運ぶことこそが自分にとっての非日常です。非日常って言葉は刺激って言い換えても良いかもしれませんが、職場と自宅を往復するだけの生活に刺激などありません。ではどこに刺激が待っているのかといえば博多の風俗店なんです。女の子を相手にする前、お店まで足を運ぶって決めた時からドキドキが始まるんです。そのドキドキが風俗での快感をより高めてくれるんですよね。この前もそうだったんですよ。久しぶりに博多の風俗店に足を運ぼうと思った時、それだけで自分自身の中で興奮が生まれてきたんですよ。指名したTちゃんもとても可愛かったんですけど、それよりもとにかく自分自身の心理的な面ですよね。それもあった本当に楽しかったです。職場と自宅の往復から少し離れるだけでここまでの刺激が待っているとは思っていませんでしたよ。自分の興奮だけではなく、相手の女の子もまた、興奮をより高めてくれた存在だったのかなって思っていますが、あながち間違いじゃないんじゃないかなと。